沖縄タイムス+プラス ニュース

沖尚が決勝進出 甲子園懸け興南とあす21日決勝戦 高校野球沖縄大会

2019年7月20日 14:20

 高校野球の第101回全国選手権沖縄大会は20日、沖縄セルラースタジアム那覇で準決勝を行い、沖縄尚学が西原を8―0で七回コールド勝ちした。決勝進出は5年ぶり13度目。

 沖尚は初回、與谷友希、奥原海斗の適時打で2点を先制。三回に1点、四回に2点と着実に得点を重ねると、5―0の六回に與谷が左越え2点適時二塁打を放って勝負を決めた。

 第1試合は興南が美里工業を4―2で制して3年連続21度目の決勝に進んだ。

 甲子園出場切符を懸けた興南と沖尚の決勝は21日午後1時、沖縄セルラースタジアム那覇で行われる。

>>高校野球 そのほか写真を見る


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間