沖縄タイムス+プラス ニュース

高良鉄美氏が当選確実 参院選沖縄 辺野古新基地に「反対」訴え

2019年7月21日 20:00

 第25回参院選は21日投開票され、無所属新人で「オール沖縄」勢力が推す、琉球大学名誉教授の高良鉄美氏(65)の当選が確実となった。高良氏は名護市辺野古の新基地建設阻止を最大争点に選挙戦を展開した。革新、中道層に加え、無党派層から厚い支持を得た。

「当選確実」となり、支持者とバンザイ三唱で喜ぶ高良鉄美氏(中央)=21日午後8時2分、那覇市・教育福祉会館

打つ上げ式で支持者と握手をする高良鉄美氏=20日、那覇市おものろまち

「当選確実」となり、支持者とバンザイ三唱で喜ぶ高良鉄美氏(中央)=21日午後8時2分、那覇市・教育福祉会館 打つ上げ式で支持者と握手をする高良鉄美氏=20日、那覇市おものろまち

 高良氏は安倍政権が進める憲法改定や、10月に予定する消費税の10%増税に明確に反対の意思を示した。選挙戦では現職の糸数慶子参院議員(71)や、玉城デニー知事が街頭演説に立つなど全面支援。昨年の知事選での玉城氏勝利から続く「オール沖縄」勢力の勢いを背に、初当選を果たした。

 自民公認の新人でシンバホールディングス前会長の安里繁信氏(49)=公明・維新推薦、NHKから国民を守る党公認の磯山秀夫氏(72)、無所属の玉利朝輝氏(60)は及ばなかった。

 ■高良 鉄美氏(たから・てつみ)

 1954年1月15日生まれ。那覇市出身。84年九州大学大学院博士課程満期。88~95年琉球大学法文学部助教授、95~2004年に同学部教授を務めた。04~19年は同大法科大学院教授、07年から同院院長。19年、同大名誉教授に就任。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気