沖縄タイムス+プラス ニュース

興南-沖縄尚学、ロースコアの接戦か 20年ぶりの私学対決 決勝の見どころ

2019年7月21日 09:26

 1999年の第81回大会以来、20年ぶりの私学対決となった。ノーシードから勝ち上がった沖縄尚学が、3連覇を狙う興南に挑む。

(資料写真)野球

 試合はロースコアの接戦が予想される。興南エース宮城大弥はここまでわずか4失点。完投した準決勝では136球を投げた。対する沖尚は、エース仲村渠春悟と2年生の永山蒼を温存できたことが大きい。

 打線は両校とも好機に畳み掛け、劣勢の場面でも勝負強いため、最後まで勝敗は読めない。沖尚強打者の水谷留佳と、興南の宮城大の直接対決にも注目だ。

 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気