沖縄タイムス+プラス ニュース

「反対する候補が勝っても変わらない」 過去最低の投票率49%だった沖縄、諦め感も

2019年7月22日 07:57

 参院選沖縄選挙区の投票率は49・00%で、前回2016年(54・46%)から5・46ポイント下がり、国政選挙では補欠選を除いて過去最低となった。名護市辺野古の新基地建設の是非や経済振興などが主な争点となったが、有権者からは新基地建設に反対しても政府が強行する中での「諦め」や、同じ争点で繰り返される選挙への「飽き」を指摘する声も上がった。

(資料写真)選挙

 沖縄市の会社員、安田さくらさん(35)は「投票に行かないと政治に文句を言えないと思うから投票した」と語る。一方、基地問題を含め何度意思表示をしても何も変わらない現実があるとし「ネット上で影響力のある『インフルエンサー』が多い中、政治家の言うことに興味を持つ人も少ない。選挙に飽きてしまっている人も少なくないのでは」と指摘した。

 「新基地に反対しても造られるだろうし、諦めもあるのではないか」と感じる名護市の飲食店で働く男性(40)。これまで新基地建設に反対する候補に投票してきたが、今回は別の候補に1票を託した。「反対する候補が勝っても何も変わらない」と諦め感がある。「(基地問題は)ずっと平行線。前に進めてほしい」と求めた。

 豊見城市内の自治会長を務める末吉正幸さん(72)もさまざまな選挙で県民は意思を示してきたが「沖縄の現状は変わっていない。閉塞(へいそく)感がある」とため息をつく。一方、自身は期日前で投票を済ませた。「私たちが今、意思表示する手段は選挙しかない」と語った。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス
今日もガッツリ!運転手メシ「お肉の名店」特集
今日もガッツリ!運転手メシ「お肉の名店」特集
運転手メシ特別企画「お肉の名店」特集です。夏こそ!ガッツリ!食べて!元気チャージ!!
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
お陰様で11周年目を迎えます。 今年も受講生が期待できるテーマを準備して引き続き開催致します。
LINE@公式アカウント紹介企画
LINE@公式アカウント紹介企画
企業や団体の「LINE@」を紹介! 友だち追加でお得な情報やクーポンをゲットしよう!!
しまくとぅば広告
しまくとぅば広告
消滅の危機にある「しまくとぅば」をもっと使おう!
週刊沖縄空手が読み放題
週刊沖縄空手が読み放題
空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。
今日もがっつり!運転手メシ
今日もがっつり!運転手メシ
沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします