オリオンビール(浦添市)は22日、カナダのスポーツ衣料品メーカー大手「ルルレモン・アスレティカ」の日本法人社長などを務めた早瀬京鋳(けいじゅ)氏(51)が社長兼最高経営責任者(CEO)に就いたと発表した。同日の株主総会と取締役会で決めた。オリオンがトップを外部から迎えるのは初めて。外資系企業で実績を積んだ早瀬氏の手腕を生かし、苦戦が続くビール類事業の立て直しを図る。

社長就任会見で抱負を語るオリオンビール社長兼CEOの早瀬京鋳氏=22日、那覇市・ホテルロイヤルオリオン

 早瀬氏は専務執行役員の宮里政一氏(62)とともに代表権を持つ。早瀬氏の就任で、宮里氏が兼務していた社長代行は解かれた。

 同日、那覇市内で会見した早瀬氏は「沖縄の象徴であるオリオンが第2の創業を迎える。より県民に愛されるブランドにしたい」と県内市場でのシェア回復・拡大に向け抱負を述べた。

 オリオンについて、沖縄の良さを世界に発信する「アンバサダー」と位置付け、沖縄色を強める姿勢を強調。「県外の人間だからこそオリオンの素晴らしさが分かる」と語った。

 オリオンに対しては今年、野村ホールディングスと米投資ファンド、カーライル・グループの共同出資会社による株式公開買い付け(TOB)が成立した。

 早瀬氏は1968年3月、福岡市出身。九州大学卒業後、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)ノースイーストアジア(現P&Gジャパン)入社。コカ・コーラジャパン、トリンプ・インターナショナル・ジャパン副社長などを経て、2017年からルルレモン・アスレティカJP社長を務めた。