社説

社説 [参院選 全国では] 国会にも多様性の波が

2019年7月23日 08:07

 今回の参院選は全国的に見れば、政治の閉塞(へいそく)感が漂う選挙だった。論戦は最後までかみ合わず、投票率は5割を切った。

 そんな中で特徴的だったのは「多様性を尊重する社会」への新たな息吹が感じられたことだ。

 山本太郎代表率いる「れいわ新選組」は4月に組織を立ち上げたばかりなのに、消費税廃止などの政策で「台風の目」となり、比例区で2議席を獲得した。

 当選したのは、難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者の船後靖彦さんと、重度障がい者の木村英子さん。

 当事者が国会で障がい者政策の議論に加わり、さらに議員活動を通して現場の声を国政に反映させることは、大きなインパクトを持つ。

 立憲民主党からは、同性愛者であることを公表し性的少数者(LGBT)の権利保障などに取り組む石川大我さんが初当選を果たした。

 女性の当選者も28人となり過去最多の前回に並んだ。 

 多様性を尊重し未来を切り開こうとの訴えが、有権者の心をつかんだといえる。議員の世襲化が進む中にあって、社会の多様性を国会に反映させることは重要だ。

 国会に吹いた新しい風は、政権交代の期待が薄らいでいることの表れでもある。れいわの躍進が示すのは、多様な声を吸い上げてこなかった既成政党に対する不信だ。

 次期衆院選に向けて、野党が新興政治勢力とどのように連携するか。野党がバラバラでは政権を追い込むような戦いは望めない。

    ■    ■

 もう一つの大きなポイントは、「改憲勢力」が国会発議に必要な3分の2を割り込んだことだ。

 安倍晋三首相は投開票を受けての記者会見で「国民民主党の中に、議論すべきだと考えている人がたくさんいる」と述べ、同党の参加に期待を寄せた。野党を分断するための揺さぶりである。

 ただでさえ行政府に対する国会のチェック機能が果たされず、最高裁も違憲立法審査に消極的な現状で、憲法9条に自衛隊の存在を書き加えたらどうなるか。

 戦争放棄の9条1項、戦力不保持などを定めた2項の条項が事実上失効するか、意味を大きく変えることになり、軍備拡大への歯止めがなくなる恐れがある。

 沖縄にとっては、地位協定の改定こそ住民生活に関わる優先すべき課題だ。

    ■    ■

 安倍首相は選挙戦を通じて憲法論議推進を問い掛けたとして「少なくとも議論は行うべきだという国民の審判が下った」とも強調した。都合のいい強引な解釈である。

 共同通信が実施した出口調査で「安倍首相の下での憲法改正」に対する反対は5割近くとなり、賛成を上回った。9条への自衛隊明記を訴えるなど争点化を図ったものの、理解は深まっていない。

 今回の参院選で注目されたのはむしろ年金や消費税、賃上げなど生活に密着した政策だった。

 与党が勝利したからといって全てを白紙委任したわけではない。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス
今日もガッツリ!運転手メシ「お肉の名店」特集
今日もガッツリ!運転手メシ「お肉の名店」特集
運転手メシ特別企画「お肉の名店」特集です。夏こそ!ガッツリ!食べて!元気チャージ!!
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
お陰様で11周年目を迎えます。 今年も受講生が期待できるテーマを準備して引き続き開催致します。
LINE@公式アカウント紹介企画
LINE@公式アカウント紹介企画
企業や団体の「LINE@」を紹介! 友だち追加でお得な情報やクーポンをゲットしよう!!
しまくとぅば広告
しまくとぅば広告
消滅の危機にある「しまくとぅば」をもっと使おう!
週刊沖縄空手が読み放題
週刊沖縄空手が読み放題
空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。
今日もがっつり!運転手メシ
今日もがっつり!運転手メシ
沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします