米軍横田基地(東京都)配備の米空軍CV22オスプレイ3機が22日午後3時半すぎ、米軍嘉手納基地に飛来した。嘉手納への飛来は4度目で、2月以来約5カ月ぶり。飛来目的や滞在期間は不明。沖縄防衛局は本紙の取材に「米側に内容を照会中。住民への影響が最小限となるよう申し入れた」と回答した。

米軍横田基地配備のCV22オスプレイ=22日午後5時すぎ、嘉手納基地(読者提供)

 「嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)」会長の當山宏嘉手納町長は「住民の安全性への不安は払拭(ふっしょく)されていない。飛来は決して認められず、遺憾だ」と批判した。

 嘉手納基地を拠点にする米空軍353特殊作戦群は、CV22が嘉手納に以前飛来した際、本紙の取材に「嘉手納基地で定期的に訓練をする」と説明した。今回の飛来も沖縄周辺空域で訓練するとみられ、中長期の滞在になる可能性もある。