ビクトル・ユーゴーの大作を「オブジェクトシアター」形式で表現する「レ・ミゼラブル」が27、28の両日、那覇市のひめゆりピースホールで上演される。2016年の初演から演じ続ける俳優の山口惠子と、県出身でフランスを拠点に活動するダンサーの外間結香が共演、熱のこもった舞台を作る。