【東京】2020年東京五輪・パラリンピックの開幕まで1年となるのに合わせて機運を盛り上げようと、日本航空(JAL、赤坂祐二社長)は23日、来年4月から着用を始める客室乗務員やパイロット、地上スタッフらの新たな制服を羽田空港で披露した。沖縄地区で着用するかりゆしウエアの新制服4種類もお披露目した。