ヴィクトル・ユーゴーの大作「レ・ミゼラブル」を、京都とフランスで活躍する山口惠子と外間結香の2人で演じる挑戦作だ。

【りっかりっかフェスタ】レ・ミゼラブル

 生きることを諦めない人々の思い、愛、そして命。「レ・ミゼラブル」の中に生きる生々しい人間たちの姿が描かれる。

 イタリアの演出家ダヴィデ・ドーロの新たな解釈は、その普遍性と今日性を引き出す。人々の思いは、2人の女優を通し時代を超えて私たちの心に訴え掛ける。

 27日午後7時、28日午前11時、午後1時。ひめゆりピースホールで。問い合わせはフェスティバルチケットセンター、電話098(943)1357。(おわり)