三重県鈴鹿市で昨年5月、当時の交際相手と共謀して解体作業員横山麗輝さん=当時(25)=を殺害したとして、殺人と暴行の罪に問われた妻の無職富士子被告(46)の裁判員裁判論告求刑公判が24日、津地裁(田中伸一裁判長)で開かれ、検察側は懲役17年を求刑した。判決は30日。

 起訴状などによると、富士子被告は、不倫相手の上山真生受刑者(30)=殺人罪などで懲役14年確定=と共謀し、昨年5月13日未明、鈴鹿市内の横山さん宅で、横山さんの首を絞めるなど暴行。その後、富士子被告が当時経営していたスナックで、首を電気コードで絞めて殺害したとしている。(共同通信)