沖縄県読谷村儀間に来春県内2カ所目のリゾート施設「星のや沖縄」を開業する星野リゾート(長野県、星野佳路代表)は8月7日から、75人の正社員を募集する採用セミナーを始める。宜野湾ベイサイドセンターや那覇新都心メディアビル西棟を会場に、同25日までに7回開催する。会社の事業を説明した後に、「星のや沖縄」でどのようなサービスをするかアイデアを出し合うワークショップを実施する。

(写図説明)星野リゾートの(左から)広報の一関早希さん、田村睦軽井沢人事総務リーダー、澤田裕一星のや沖縄エリア開発準備責任者、星のや竹富島総支配人室の佐久本盛充さん=25日、沖縄タイムス社

 採用セミナーは1回当たり10人程度の参加に絞る方針。星野リゾートのホームページの「採用情報」から進んで氏名や住所、生年月日などを登録後、参加予約ができる。

 読谷の新施設開業に当たり、正社員150人の採用を計画しており、半分は県内から集める。25日、澤田裕一開発準備責任者らが沖縄タイムス社を訪れ、「沖縄の文化を新しいリゾート施設に融合して居心地の良い空間にしていきたい」と意気込んだ。