沖縄タイムス+プラス ニュース

木崎海関「地元の人たちの応援を」大相撲沖縄場所、12月開催

2019年7月27日 15:50

 大相撲沖縄場所(主催・同実行委員会)が12月14、15の両日、沖縄県うるま市具志川ドームで開かれる。県出身で十両西13枚目の木崎海関や元小結闘牙の千田川親方ら関係者が26日、県庁で会見した。チケットは27日から、県内ファミリーマート各店の端末Famiポートで販売する。

大相撲沖縄場所への来場を呼び掛ける(右から)千田川親方、竹岡剛勧進元、木崎海関ら関係者=26日、県庁

 沖縄場所は2015年から今年で5年連続の開催。

横綱や大関をはじめ、幕内力士の出場を予定する。人気力士によるトーナメントなども企画。弁当や座布団などのグッズがもらえるお土産セットの予約も受け付ける。

 実行委の竹岡剛委員長(勧進元)は「朝稽古が見られるなど特別感のある巡業。多くの方に楽しんでいただきたい」とPR。木崎海関は「沖縄の人たちに応援してもらい、上位目指して精進する。相撲の面白さが伝わるよう頑張りたい」と抱負を語った。

 問い合わせは事務局、電話098(890)5577。

(写図説明)大相撲沖縄場所への来場を呼び掛ける(右から)千田川親方、竹岡剛勧進元、木崎海関ら関係者=26日、県庁

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気