昨年の秋、釣友が23キロのロウニンアジを釣った沖縄本島東海岸の船着き場近くの岩場を訪れた奥間政紀さん。ヒットするのは夜の潮位が低くなる時間帯。特に最干潮前後の潮の動き出しが最大のチャンスだと話す。 一帯は干潮時に水深が60センチ以下になり、船道以外は一定の水深が広く続くという。