【ホノルル26日=仲村賢一】第35回タイムス海外ホームステイ(主催・沖縄タイムス社、日本国際生活体験協会)のハワイ研修に参加している中高生11人は26日、ハワイ州のハワイ沖縄連合会を訪れ、新しく就任した同連合会会長のジョセリン・イゲさんらに歓迎された。沖縄移民の歴史をジョン・イトムラさんが詳しく解説。参加した生徒は沖縄とハワイ沖縄県人との深い絆を学んだ。

ハワイ沖縄連合会のジョセリン・イゲ会長(2列目左から2人目)から歓迎を受けるタイムス海外ホームステイの参加者=ハワイのハワイ沖縄センター

 沖縄尚学高2年の諸見里かおりさんは「ハワイ沖縄県人の善意でブタ500頭が戦後間もなく沖縄に送られた話はとても感動した。もっと多くの生徒に知ってほしい」と笑顔。普天間高2年の大城千佳さんは「ドイツ系アメリカ人のホストマザーは料理が上手。教養もあって優しい人」と満足そうだった。