本格的なマリンレジャーシーズンを迎え、沖縄県内の水難事故が増えている。7月25日現在、今年の死亡・行方不明者数は15人に上り、昨年1年間の19人に迫る。