27日午後5時半ごろ、沖縄県浦添市のサンエー浦添西海岸パルコシティのシャトルバス乗り場で、停車していたシャトルバスが急発進して縁石を越え歩道に乗り上げた。歩道のガードパイプがバスの前面を貫通し、車内前方のステップで待機していた交代の男性運転手(68)の右足ふくらはぎに当たり、けがを負った。車内に乗客はいなかった。

歩道に乗り上げガードパイプが車体前面を貫通したシャトルバス=27日、サンエー浦添西海岸パルコシティ

 浦添署によると当時、運転手の交代時間だった。車内にはけがをした男性のほか、運転席に男性運転手(68)がいた。同署が事故の原因を調べている。