名護市辺野古の新基地建設を巡り、県は国との裁判が終わるまで、埋め立て承認を前提とした沖縄防衛局のすべての申請の判断を裁判後に先送りする方針を決め、28日までに庁内の関係部署へ通知した。玉城デニー知事は19日、沖縄防衛局が提出しているサンゴ移植に必要な特別採捕許可の判断を見送る方針を明らかにした。