【沖縄】沖縄こどもの国の今年4月1日から7月25日までの入場者数は16万6551人で、前年同期の12万4398人と比較して4万2153人増加した。

リンゴを細かく刻んだシャーベットを食べようとするモルモットら=13日、沖縄市の沖縄こどもの国(同園提供)

 同園によると、2018年度の同時期は、はしかの流行や大型台風の影響で入場者数が例年に比べ大幅に減少。今年は台風が少なく、増加傾向にある県外や海外からの観光客の来園も後押しした。

 同園の担当者は「7月20日から8月31日までの夏休み期間は、普段は閉園する火曜日も開いている。イベントもたくさんあるので、ぜひ多くの人に来てほしい」と呼び掛けた。