環境省沖縄奄美自然環境事務所・県・今帰仁村は29日、ことし3月に同村の運天漁港に漂着した国の天然記念物ジュゴンの死骸の解剖結果を発表し、オグロオトメエイのとげが刺さり生じた「腸管の全層性裂傷を起因とする腹腔内の状態悪化による死亡が最も考えやすい」と判断した。

3月に今帰仁村に漂着したジュゴンの死骸。漁業関係者らが大きさを測定した=今帰仁村・運天漁港

 検案書では、刺さったとげが腸管を損傷して全層性裂傷悪化を生じさせた結果、腸管内容物が漏れだし、腹腔内の状態の悪化をきたして死亡したと考えられると分析した。

 また、今回原因となったオグロオトメエイは沖縄近海に生息しており「野生下においては偶発的に起こりうる事案であると考えられる」との見方も示した。