県内の黒糖製糖工場が、17~18年産分以降、合計3247トンの黒糖の在庫を抱えている背景には、新規販路の開拓不足がある。16年以降の3年間で生産量が増えているが、新たな取引先が見つからず、在庫として抱えてきた。