コワーキング事業のマッシグラ沖縄タイムス(金子智一代表)は28日、howlive(ハウリヴ)イオンモール沖縄ライカム店で、トークイベントを開いた。若手農家や行政、6次産業化などを支援する経営者が、第1次産業や地域を盛り上げるための取り組みを紹介し、事業承継や農業のブランディング、今後の農業について語った。

今後の農業やブランディングなどについて取り組みを紹介する登壇者ら=28日、北中城村のハウリヴライカム店

 徳森養鶏場のノーマン裕太ウエイン代表や、紅あぐーなどを生産する喜納農場の喜納忍代表、うるマルシェを運営するプロモーションうるまの中村薫代表理事、北中城村農林水産課の鹿島直昭参事が登壇した。

 ノーマン代表はうるま市特産の黄金芋を飼料に混ぜて開発したブランド卵「くがにたまご」の開発時に、「自分らしさや自分の強みを考えた。若い養鶏農家だということや、うるま市や地域にこだわった」と説明。喜納代表は「先代の父は、豚の飼料開発などに、コストを考えずに取り組んでいた。承継後は、データやお金の見える化とスタッフとのコミュニケーションを意識した」と話した。

 今後の農業について、中村代表理事は「チャレンジする農業が求められている。そのためにテクノロジーを活用していく必要がある」と指摘した。鹿島参事は、水耕栽培の実証実験など、同村の取り組みやその可能性を紹介した。