浦添署は29日、浦添市内に住む女性宅に警察官を名乗る男が電話をかけ、その直後に金融庁職員を名乗る男が女性宅を訪れてキャッシュカードをだまし取る事件が26日に発生したと発表した。女性の口座からは現金59万円が引き出されており、同署が窃盗事件として捜査している。

 同署によると、26日の午後1時~2時半ごろ、市内の80代女性宅に「特殊詐欺がはやっている。金融庁職員を行かせます」などと男の声で電話があった。その直後30~40代とみられる男が女性宅を訪問。女性が差し出したキャッシュカードを封筒に入れ、暗証番号などを聞き出し、女性が目を離した隙に別の封筒にすり替えてカードを盗んだ。女性が同署に相談して発覚した。

 同日、宜野湾市でも警察官を名乗る電話が4件確認され、1件は同様の手口で男が女性宅を訪れていた。