沖縄タイムス+プラス ニュース

翁長前知事をしのぶ会 8月22日に沖縄空手会館で開催 死去から1年、功績振り返る 

2019年7月31日 07:49

 沖縄県議会議員や那覇市長を務め、知事在任中の昨年8月8日に亡くなった翁長雄志さんの一周忌に合わせ、「翁長雄志前知事をしのぶ会」が8月22日午後5~7時、沖縄県豊見城市の沖縄空手会館で開かれる。経済界や市民団体の関係者が実行委員会をつくり、来週にも正式に発表する。親交の深かった呉屋守將金秀グループ会長が実行委員長に就任する。

翁長雄志前沖縄県知事の県民葬=2018年10月、那覇市

 玉城デニー知事も出席し、あいさつする方向で調整している。国会議員、県議、町村長、市町村議会議長、那覇市議などへ、広く案内状を送付する。翁長さんの妻樹子さんら遺族にも出席を呼び掛ける。

 建設業・照正組の照屋義実会長や吉田勝廣元県議らが準備会を発足し、協議してきた。多くの人が参加できる時間帯に、翁長さんの知事在任中に開館した空手会館での開催を決めたという。会費制にすることや、功績を振り返る写真展示、翁長さんについて語り合う場所を設けることなどを検討する。

 翁長さんは那覇市議、県議、那覇市長、知事を歴任。沖縄の振興、発展に力を尽くし、米軍基地の集中する不条理を訴え、知事就任後、名護市辺野古の新基地建設に反対し、民主主義、地方自治の観点から国の在り方を問い続けた。

 昨年8月8日すい臓がんで死去。葬儀・告別式に4500人以上、県主催の県民葬に3千人が参列した。19年2月那覇市名誉市民顕彰、同7月沖縄タイムス賞特別表彰を受けた。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「やばい、知事の遺言が残ってた」動揺する記者 急転直下、裏取り急ぐ

 名護のトラウマ 沖縄知事選「接戦」報道に疑念 予想的中した現場感覚

 「なぜあんたが出ない」革新側に吹き続けたすきま風 宜野湾市長選の舞台裏

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気