沖縄県が整備中の浦添西原線バイパス(県道38号線バイパス)のうち、浦添市前田から西原町翁長までの約920メートルの区間が8月3日午後2時から、片側1車線の暫定2車線で一部開通する。一方、現在の道路の浦添西原線のうち、西原入り口交差点から坂田交差点向けの一部区間が全面通行止めになることから、県は注意を呼び掛けている。

8月3日に開通する浦添西原線バイパスの一部と、現道の全面通行止めになる地点

 開通する区間は、10月1日に延伸開業予定の沖縄都市モノレール「てだこ浦西駅」の近く。駅へのアクセス道路「浦西停車場線」の工事のため現道の一部通行止めに伴い、バイパスの一部を開通する。

 現道の通行止めは8月3日から9月30日まで浦西停車場線への進入口付近。その後、10月1日から来年10月(予定)まで西原入り口付近。浦西停車場線は10月1日に開通する。