沖縄県の金武中城湾港の沖合約1・8キロで8月1日午前9時から、潮干狩り中に発見された81ミリ迫撃砲弾1発の海中爆破処理が行われる。午前9時から正午ごろまで処理現場から半径300メートルは船舶の航行・停泊、半径3キロは入水が禁止される。現地対策本部は佐敷中城漁業協同組合中城支所に置く。

不発弾処理のため入水が制限される区域