社説

社説[重度訪問介護]国会活動の土台整えよ

2019年8月1日 13:23

 国会のバリアフリー化が進む一方、「仕事でヘルパーが使えない」という制度の矛盾は残ったままである。

 参院選を受けて参院議長らを選出する臨時国会がきょう召集される。

 れいわ新選組から初当選した、「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者の船後靖彦さんと、重度障がい者の木村英子さんも初登院する。

 大型の車いすを使用する2人を迎え入れるため、参院は車いすのまま議席に着けるよう本会議場の改修作業を行った。採決についても、参院が採用している押しボタンを介助者が押し、正副議長などを選ぶ記名投票の代筆を認める決定をした。

 国会は1977年の参院選で車いすを使用する八代英太さんが当選した後、スロープや多目的トイレの設置が進んだ。

 今回「弱者が住みやすい社会」を訴えた2人が、さらなる変化を促すことになった。

 ハンディを抱えての議員活動をどう保障していくか。施設のバリアフリー化とともに2人が要請するのが障害福祉サービス規定の見直しによる介護保障である。

 船後さんや木村さんのように重い障がいがある人には、生活全般を支える「重度訪問介護」サービスが欠かせない。ただ国は「経済活動にかかる支援」は雇用主らが負担するべきだとの考えから、働いている間は公的支援の対象外としている。

 人格と個性を尊重する共生社会の実現や就労を通じた社会参加の流れに逆行する規定である。

    ■    ■

 参院は7月30日の議院運営委員会理事会で2人の議員活動中の介助費について、参院が当面負担すると決めた。

 臨時国会が円滑に進められるよう、とりあえずの措置なのだろう。だが根本の問題は、なぜ働くと支援が受けられないかだ。制度の抜本的改革により、国会活動の土台を整える必要がある。

 障がい者などでつくる団体は同日、規定を改めるべきだとの要望書を厚労相宛てに提出した。排せつや水分補給といった訪問介護が受けられず、働く機会を奪われている障がい者が大勢いるという。問題は国会活動にとどまらない。

 制度改善の訴えを受け、さいたま市は本年度から在宅就労中も介護が途切れないよう独自の支援を始めた。住民に近い地方自治体が制度の矛盾に気づき、必要なサービス提供に乗り出したのだ。

    ■    ■

 昨年、発覚した中央省庁の障がい者雇用水増し問題は共生の理念に対する意識の低さを露呈するものだった。発覚後の求人に際しても「自力通勤」を条件とするなど問題の根深さが浮き彫りになった。

 障がい者の総数は約963万人と推計され、人口の約7・6%に当たる。決して少なくない数だが、障がい者の国政参加は進んでいない。

 誰もが安心して暮らすことのできる共生社会の出発点は当事者の悩みに耳を傾けることだ。社会の多様性を国会に反映させるためにも、障がい者の就労を妨げる壁を早急に取り除かなければならない。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス
今日もガッツリ!運転手メシ「お肉の名店」特集
今日もガッツリ!運転手メシ「お肉の名店」特集
運転手メシ特別企画「お肉の名店」特集です。夏こそ!ガッツリ!食べて!元気チャージ!!
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
お陰様で11周年目を迎えます。 今年も受講生が期待できるテーマを準備して引き続き開催致します。
LINE@公式アカウント紹介企画
LINE@公式アカウント紹介企画
企業や団体の「LINE@」を紹介! 友だち追加でお得な情報やクーポンをゲットしよう!!
しまくとぅば広告
しまくとぅば広告
消滅の危機にある「しまくとぅば」をもっと使おう!
週刊沖縄空手が読み放題
週刊沖縄空手が読み放題
空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。
今日もがっつり!運転手メシ
今日もがっつり!運転手メシ
沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします