外来機のP8A対潜哨戒機1機が30日午前11時半ごろから約1時間、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)でタッチ・アンド・ゴーを5回実施した。沖縄防衛局が目視調査で確認した。県と宜野湾市による騒音調査では同時間帯、90デシベル前後の騒音が上大謝名公民館で計6回測定された。