沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍P8A機、またタッチ・アンド・ゴー 普天間飛行場、90デシベルの騒音

2019年8月1日 08:45

 外来機のP8A対潜哨戒機1機が30日午前11時半ごろから約1時間、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)でタッチ・アンド・ゴーを5回実施した。沖縄防衛局が目視調査で確認した。県と宜野湾市による騒音調査では同時間帯、90デシベル前後の騒音が上大謝名公民館で計6回測定された。

(資料写真)米軍普天間飛行場

 P8Aは22日にもタッチ・アンド・ゴーを14回実施し、松川正則市長が沖縄防衛局に電話で抗議したばかりだった。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間