沖縄市与儀の雨水排水路にペンキとみられる塗料が流れ込み、魚が死んでいるのを1日午後7時ごろ、市内に勤める男性(45)が目撃した。男性は6月中旬にも塗料の流入を確認したという。排水路を管理する市下水道課は「重点的に監視する」としている。 塗料が発見されたのは排水路の下流付近で北中城村との境界近く。