【平安名純代・米国特約記者】米軍事紙マリンコー・タイムズは2日までに、米上院が立案した国防権限法案が、在沖米海兵隊のインド太平洋地域における分散配置計画の検証を求めている背景について、同計画に伴うコスト増への懸念や、分散後の部隊の移動手段に関する疑問の高まりなどがあると分析した。