沖縄県宮古島市の市教育委員会は1日、大阪府に住む元妻への暴行などで逮捕され、罰金刑を受けた40代の男性職員を停職1年の処分にすると発表した。期間は2日から来年8月1日。

 市教委によると、男性職員は4月29日から5月3日の間、大阪府に住む元妻につきまといや暴行を行い、5月4日に豊中署に逮捕された。6月11日に府迷惑防止条例違反と暴行の罪で罰金40万円の略式命令を受けた。

 市教委は1日、懲戒分限委員会の結論を受けて臨時教育委員会を開き、懲戒に関する指針で最長となる停職1年の処分を科すことを決めた。市役所城辺庁舎で会見した宮國博教育長は「行政に対する市民の信頼を損ねるものであり、大変な迷惑を掛けた。心からおわびしたい」と謝罪した。