タイムス×クロス 木村草太の憲法の新手

木村草太の憲法の新手(109) 音楽教室から著作物使用料 文化発展に資する結論を 「公共の福祉」求められる財産権

2019年8月4日 19:00

 前回(7月21日付)に続き日本音楽著作権協会(JASRAC)による、音楽教室のレッスンに対する音楽著作物利用料の徴収方針について考察を進める。 音楽教室に対する知的財産法を専門とする中山信弘教授が、音楽教室に対する著作権料徴収を巡る訴訟について、意見書を寄せている。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間