沖縄県黒砂糖工業会やJA沖縄中央会など四つの関連団体は7月31日、黒糖の在庫解消に向けた支援策を求める要請書を宮腰光寛沖縄担当相に提出した。県内では、製糖工場が黒糖の在庫3247トンを抱え、苦しい経営状況に追い込まれている。