絵本「アリッサとヨシ」は銃のない世界を願って作られた。自費出版したのは1992年に留学先の米国で撃たれて亡くなった名古屋市の服部剛丈(よしひろ)さん=当時(16)=の母美恵子さん(71)

▼「フリーズ(動くな)」と警告があったとはいえ、ハロウィーンで誤って訪れた家で高校生が撃たれた事件は銃社会の恐ろしさを突き付けた。以来、両親は銃規制を求めて署名活動や米国の若者との交流を続ける

▼事件から27年。銃犯罪がまた、繰り返された。米テキサス州エルパソの大型商業施設で銃乱射があり、20人もの命が奪われた。13時間後にはオハイオ州でも銃撃で9人が犠牲になった

▼メキシコ国境の街エルパソの事件は中南米系移民を標的にした憎悪犯罪の可能性が高いという。トランプ大統領の移民への差別的な発言が白人至上主義者の憎悪感情を助長させてはいないか。銃規制への消極姿勢も問われる

▼絵本では2018年にフロリダ州の高校で起きた乱射事件の犠牲者アリッサ・アルハデフさん=当時(14)=が登場する。剛丈さんと天国で出会い、命を大切にする社会の実現のために取り組む物語に、遺族の願いが凝縮されている

▼米国では乱射事件が起きるたびに銃規制の強化が叫ばれるが、有効な政策につながっていない。「銃の権利より命の方がはるかに重要」。遺族の言葉は重い。(大門雅子)