愛知県で開催されていた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」中止を受け、同展に出品した美術家や県内の美術関係者からは、表現の自由が侵害され、暴力的言動で文化活動が脅かされることを危惧する声が相次いだ。