沖縄の宮古島でホテルやゴルフ場などの運営を手掛けるオーシャンズリゾート(島尻千洋社長)は、8月中にもトレーラーハウス事業を本格化する。同社は宮古空港の周辺などへ約200台のトレーラーハウスを設置する計画。観光客の宿泊施設として活用するだけでなく、宮古島の好景気を背景に不足している建設・清掃業者の寮や、移動店舗、災害時の宿などにも活用する。

オーシャンズリゾートが宮古島で手掛けるトレーラーハウスのイメージ図(同社提供)

オーシャンズリゾートが手掛けるトレーラーハウスの内装(同社提供)

オーシャンズリゾートが宮古島で手掛けるトレーラーハウスのイメージ図(同社提供) オーシャンズリゾートが手掛けるトレーラーハウスの内装(同社提供)

 専用のトレーラーハウスは中国の「ジェーキーン」が製造し、オーシャンズリゾートの関連会社「トレキャン」が国内の総代理店として業務提携し輸入している。

 6月末には150台を輸入しており、一部のトレーラーハウスは貸し出しを始めている。9月中にはさらに50台を入荷する予定となっている。また、10月には店舗型のトレーラーを約30台を導入し、屋台村の運営も検討している。

 トレーラーの広さは約12平方メートルで、電気や水道も使用でき、トイレやシャワールームなども備えている。レンタル料金は車種や契約内容によって異なり、1カ月5万円から。

 島尻社長は「トレーラーハウスは大規模な開発も必要なく、景観にも配慮できるメリットがある。下地敏彦市長からの要請もあり、宮古島が抱える課題解決の一助となれば」と話した。

(写図説明)(下)オーシャンズリゾートが手掛けるトレーラーハウスの内装(いずれも同社提供)