名護市辺野古の新基地建設を巡り、県が国との8件目となる新たな訴訟を提起した。今回の抗告訴訟、7月に提起した関与取り消し訴訟は、いずれも県の埋め立て承認撤回を取り消した国土交通相の裁決の取り消しを求めているが、論点やメリットは異なる。