沖縄県宜野湾市真栄原のギャラリーPIN-UPで開かれている個展「おっぱい展3」が盛況だ。1~8日までだったが、アンコール企画で10~12日に臨時展の開催が決定した。「おっぱい写真家」を名乗るアーティストのリキ山猫さんは「おっぱい=エロスという固定概念が強い世の中で、作品を見た人はいやらしさがないギャップを感じる。その違和感が哲学になる」と熱っぽく語る。

撮影可能スペースで「おっぱい展」への来場を呼び掛けるリキ山猫さん=5日、宜野湾市真栄原のPIN-UP

 海辺、サトウキビ畑、青空をバックで-。さまざまなシチュエーション、画角で被写体を切り取った写真約400枚がギャラリーの一室の壁にびっしりと並ぶ。モデルをスカウトすることは一切なく、申し出てくる人のみを撮っている。個展を見た女性がその場で撮影を依頼することもあり、開催期間は作品が更新されていく。

 デザイン、彫刻、絵画などを手掛けてきたアーティストのリキさん。写真活動を始める際に「追求し続けたい被写体」を一つに絞り、「おっぱい」にたどり着いたという。

 2016年8月にカメラなど機材一式をそろえ、撮影を始め3年がたつ。撮ったモデルは述べ200人に上る。昨年は乳がんの啓発団体から依頼を受け、福岡県田川市であった企画展で作品を展示。片方の乳房を切除したモデルの写真などが今回の個展にも展示されている。同市の美術館でも個展を開くなど活動の幅を広げる。今年は横浜や大阪の団体から依頼を受けているという。

 5日、個展に足を運んだ女性(25)は第1回個展を見た際にその場で撮影を依頼したという。「実際に見て、いやらしさがなくアートだと思えた。今しか撮ってもらえないものを残したかった」と感想を話した。

 臨時展は午後1時~8時10分まで。入場料は810円。