沖縄県石垣市内の県出先機関で、60代の男性職員が女性職員にわいせつ動画を見せるなどのセクハラ行為をしたことが7日、分かった。県人事課によると、女性が被害を上司に訴えて発覚。男性は同課などの聞き取りに動画を見せたことを認めている。県は近く懲罰委員会を開き、男性の処分を決定し公表する方針。

(資料写真)沖縄県庁

 調査によると女性は5月17日朝、男性に呼ばれ、業務用パソコンで再生中のアダルトDVDを見せられた。男性は性器を露出したという。女性は逃げたが、男性が追い掛け、背後から女性に抱きつくなどした。別の職員が出勤し、互いにその場を離れたという。

 女性は同日、上司に被害を打ち明けて退職した。男性は性器を露出したことなど一部を否定。退職届を出したが、県は処分が出るまで保留している。同課は「被害女性、県民に深くおわびしたい。事実関係を確認し厳正に処分したい」としている。