通信制高校に在学する生徒が急増している。文部科学省が8日に公表した学校基本調査(速報値)によると、2019年5月現在の県内の通信制高校在籍者は1万7251人で、4278人だった14年度と比べ4倍以上伸びた。背景には、不登校生の増加や多様な学びの場を求めるニーズの高まりがあるとみられる。