日本トランスオーシャン航空(JTA)と琉球エアーコミューター(RAC)は、10月1日の消費税の増税に合わせて航空運賃と払戻手数料を改定する。運賃は増税分の2%を転嫁。払戻手数料は10円増の440円となる。

JTA・RACの主な路線の運賃改定額

 JTAの那覇と各都市を結ぶ主な路線の改定後の普通運賃(片道)は、通常期で東京線が800円増の4万6600円、大阪線が700円増の3万9100円、福岡線が600円増の3万1500円。RACは宮古線が400円増の2万円、石垣線が500円増の2万6300円となる。

 JTAの担当者によると、10月の消費増税が見送られた場合は、運賃改定なども見送る方針としている。