【どうなる幼保無償化】本紙41市町村アンケート 10月の幼児教育・保育無償化で、現在の保育料より実費負担がかえって増える逆転現象が、県内3市町の認可保育所などに通う3~5歳の一部世帯で生じる可能性のあることが、9日までに沖縄タイムスの41市町村アンケートで分かった。