【宜野湾】米軍ヘリが墜落してから15年に合わせて沖縄国際大が実施した学生へのアンケートでは、日頃から訓練の危険性を感じ、基地問題にも関心を寄せる学生の姿が浮かび上がる。一方で学内主催の集会については大半の学生が知らず、受け身の姿勢が目立つなど、風化も進みつつある。