2004年8月13日午後2時18分、宜野湾市の沖縄国際大学に米軍普天間飛行場所属のCH53D大型輸送ヘリコプターが墜落・炎上した。ヘリは、市我如古上空で尾翼部分の部品(テールローター)を落とし、操縦不能の状態で沖国大の本館に激突。民家29戸、車両33台などに被害があったが、奇跡的に死者は出なかった。