気象庁によると台風第10号は、大型の台風から超大型の台風に変わり、12日午後3時には小笠原諸島の父島の西南西約500キロの海上にあり、時速約15キロの速さで北西へ進んでいる。