超大型の台風10号は、13日午前9時には種子島の南東にあって、時速20キロで北西へ進んでいる。14日から15日にかけて暴風域を伴って強い勢力で西日本に接近、上陸する恐れがある。

8月13日午後12時20分現在の台風10号の雲の様子(情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より)

進路予想図(気象庁HPより)

8月13日午後12時20分現在の台風10号の雲の様子(情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より) 進路予想図(気象庁HPより)

 台風の中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径330キロ以内では風速25メートル以上の暴風になっている。すでに沖縄や九州、四国の一部が風速15メートル以上の強風域に入っている。

 台風10号は、今後発達しながら沖縄県の大東島地方の北東海上を北西に進み、大東島地方には13日夜遅くから14日未明にかけて最接近する見込み。

 西日本の太平洋側では、猛烈な風が吹いて猛烈なしけとなり大雨となる恐れがある。暴風や高波、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要だ。

 提供:台風10号の雲の様子(情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より)