大型の台風10号は14日午前9時、種子島の南東約290キロを時速10キロで北西へ進んでいる。今後発達しながら大東島地方の北東海上を北西に進み、お盆期間の14~15日にかけて暴風域を伴って西日本に接近、上陸する恐れがある。台風の接近・通過による総降水量は西日本から東日本太平洋側の南東斜面を中心に多い地域で千ミリを超える見通しだ。

台風10号の衛星画像=14日午前10時2分(情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より)

台風10号の進路予想図(気象庁HPより)

台風10号の衛星画像=14日午前10時2分(情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より) 台風10号の進路予想図(気象庁HPより)

 先島諸島を除く沖縄地方は強風域に入っており、15日昼前までに抜ける見通し。沖縄気象台はうねりを伴う高波、強風、落雷、大雨への注意を呼び掛けている。

 お盆休みのUターンラッシュと重なり、交通機関に影響が出る恐れがある。

 大東島地方には13日夜の初めごろに最も近づいたとみられる。14日にかけて多い所で1時間に30ミリの激しい雨が降り、15日午前0時までの24時間雨量は100ミリと予想している。

 14日午前9時現在の中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心から半径240キロ以内では風速25メートル以上の暴風域、中心から半径600キロ以内では風速15メートル以上の強風域となっている。

 台風10号の影響で日本トランスオーシャン航空(JTA)は13日、那覇と南北大東を結ぶ4便のほか、南大東と北大東を結ぶ1便が欠航した。181人に影響が出た。

 航空各社は14日の那覇発着便の運航について、今後の進路によって欠航などを判断する。決まり次第、公式ホームページなどで発表する。

 提供:台風10号の雲の様子(情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より)