【東京】元米兵暴行殺人事件を受け、県議会(喜納昌春議長)の代表団は10日、日米両政府に在沖米海兵隊の撤退などを盛り込んだ抗議決議や意見書を手渡した。在日米大使館の幹部は「日米地位協定は機能している」とし、沖縄の求める抜本改定ではなく「運用改善が効果的」と述べた。