沖縄タイムス+プラス プレミアム

米軍の事故発生時 "日本側の仕切り役" 内閣官房沖縄危機管理官とは 「早期の現場立ち入り履行を促す」 現職の佐藤卓也氏に聞く

2019年8月14日 17:00

 2004年の米軍ヘリ沖縄国際大学墜落事故を受け、政府は同年10月、県警本部内に事故発生時の日本側の現場仕切り役として内閣官房沖縄危機管理官を新設、これまで主に警察庁警備局から派遣された8人が就任した。事故後15年を経て改善点や課題は何か。1月に着任した佐藤卓也氏に聞いた。

 

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気