沖縄県農林水産部は13日、品質がよく保存性にも優れた黒糖を作れるサトウキビの新品種「RK03-3010」を開発し、同日付で波照間地域向けの奨励品種に採用されたと発表した。キビの奨励品種は18品種目で、県内初の黒糖専用品種という。 県は種苗法に基づき、7月22日に農林水産省へ品種登録出願した。